2014年05月08日

5/17,18に東京蚤の市に出店します!

5/17,18に出店する東京蚤の市のページで紹介してもらいました。みなさんぜひ遊びに来て下さい!

東京蚤の市の紹介ページより

【出店者紹介】余白書店(WEB)

一目見た瞬間、心奪われてしまった。そのHP上に存在する“余白”に。書き込みやメモ、付箋やシミ、落丁…、人の手に触れた様々な痕跡のついた本のことを、この店では『手垢本』と呼びます。「余白書店」はその手垢にこそ価値を見出すネット古書店。ネット上で展開するこの古書店と対面したとき、私達は、“余白”にどれほどの想いを馳せることができるだろうか。考えただけで、不思議な胸騒ぎがするのです。


【第5回東京蚤の市】
日程:2014年5月17日(土)、18日(日)
時間:17日(土)11:00 〜 18:00
   18日(土)11:00 〜 17:00
開催場所:東京オーヴァル京王閣
     東京都調布市多摩川4-31-1
入場料:1日券   400円(小学生までは無料)
    2日通し券 600円(小学生までは無料)

posted by 余白ネットワーク at 22:32| Comment(0) | イベントの予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ポスト・デジタル・パブリッシング – インターネットの余白から考える本の未来 – 」で、余白書店が紹介されました。

16e76fe67d785734bc5e900de6928389.png

2014年4月3日 、岐阜県大垣市にある情報科学芸術大学院大学(IAMAS)にて、Neuralの編集長でアーティストのアレッサンドロ・ルドヴィコ氏をお招きし「ポスト・デジタル・パブリッシング – インターネットの余白から考える本の未来 – 」が開催され、余白工事の会の内田が余白書店のプレゼンを行いました。

http://j.mp/1plOGKm


概要

IAMAS 車輪の再発明プロジェクトは、4月3日(木)に「ポスト・デジタル・パブリッシング – インターネットの余白から考える本の未来 – 」を開催します。このイベントでは、ニューメディア、電子音楽、ハクティビズムにかかわる雑誌 neura.it の編集長であり、Amazonのなか見!検索を用いて一冊の書籍をつくりだすプロジェクト”Amazon Noir”などの作品を手がけるアーティストでもあるアレッサンドロ・ルドヴィコと、古本の書き込みの価値をインターネットを通じて考えるプロジェクト、余白書店の内田聖良(IAMAS在学中)をゲストに迎え、電子書籍があたりまえになりつつある今、単にその流れに追従するのではなく、インターネットを通してこそ見えてくる、これまでの出版物の持つ個性を、ハイブリッド、という言葉を鍵にさまざまな事例とともに探っていきます。ありえるかもしれない本の未来、インターネットの余白、ポスト・デジタルの世界、に関心のある方、ぜひお越しください。参加を希望される方は文末のフォームよりお申込みください。

※IAMASは2014年4月より領家町からソフトピアジャパン地区へと移転しました。http://www.iamas.ac.jp/move

アレッサンドロ・ルドヴィコ
アーティスト、メディア批評家、93年より雑誌『Neural』(http://neural.it)の編集長を務めており、著書・編書多数。Mag.Net (Electronic Cultural Publishers) 機構の創立メンバーであり、Documenta 12のマガジン・プロジェクトのアドヴァイザー、OCAD大学(トロント)、Academy of Art(カララ)、NABA(ミラノ)で非常勤講師も努める。独占ハッキング三部作(Google WIll Eat Itself, Amazon Noir, Face to Facebook)の作者の一人であり、現在Anglia Ruskin大学(ケンブリッジ)博士課程在籍中。

内田聖良
1985年埼玉県生まれ。2009年武蔵野美術大学油絵学科卒業。2012年から情報科学芸術大学院大学(IAMAS)在学中。2010年に秋葉原ネットワーク、2011年から余白ネットワーク参加。余白工事の会会員。「枠」に気づく、異化させる技を求めて、制作を行う。インスタレーション・パフォーマンス・Webなどの方法を用いる。最近は誤用や転用などを用いて何かできないか模索中。
2012年より清水都花と「凡人ユニット」としても活動。自作したファッションデバイスを用いて、「ぼんおどり」などの作品制作とVJを行う。
posted by 余白ネットワーク at 22:31| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

みらい館大明で公開査定会、次回は3月27日開催緊急決定〜

本日は、みらい館大明で余白書店のはじめての公開査定会ワークショップでした。今回は、回収箱の手垢本ではなく、余白書店の紹介も込めて、ブックカフェの中の本を査定してあそんでみました◎

★3月27日の17時頃から、また公開査定会行うことになりました。
 お気軽に遊びに来てください。見学だけも可能です。



余白書店 | http://yohaku-shoten.tumblr.com/
たいめいブックカフェ| http://www.toshima.ne.jp/~taimei/book.html


ws0.jpg



ws1.jpg



ws2-0.jpg



ws2.jpg



ws3.jpg



ws4.jpg



ws5.jpg



ws6.jpg



ws7.jpg





ラベル:余白書店 余白
posted by 余白ネットワーク at 00:15| Comment(1) | イベントの予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする