2017年09月05日

余白ネットワーク終了および余白工事の会の解散のお知らせ


みなさん、こんにちは。余白工事人の内田聖良です。


ご報告です。2017年3月を持ちまして、余白ネットワークの終了と、余白工事の会の解散を決めました。2016年の「余白ネットワーク〜こまい話〜」頃から、内田聖良より、活動を続けていくにあたり、ほぼ据え置きだったコンセプトの見直し等の話し合いをしたいと提案をし、メンバーとやりとりをしてきました。そのやりとりをする中で、「作家という肩書を問わず、頼まれていない、自分が必要だと思ったことをする人の集まり」であった余白ネットワークが、同時に「頼まれた」「必要だと思ってくれる人を手伝う」ための拠り所となっていたということが、徐々にわかってきました。


余白ネットワークの大事にしていたことのひとつに、他者がいかにして一緒にいられるか、ということがありました。一つの場所にそれぞれの作業を持ち込む「作業日」などはそれを解決しようとしたイベントです。これは、特に、「余白ネットワーク」の前身、「秋葉原ネットワーク」として活動していた時に意識されていたことで、それぞれが引越しなどで秋葉原を離れ、「余白ネットワーク」になったあたりから、「頼まれていない、やってみたい、必要だと思ったことをそれぞれの人がやる」というほうに重心が移ったように思います。


自分がやってみたいことをやってみる、ということは、自分がフロンティアに立って試行錯誤することでもあり、傷つくこともあります。ただそうしたことを超えて、「やらなければ自分がいきいきと生活することが出来ない」という切実さを含むものでもあると、わたしは考えています。秋葉原で私が感じた「秋葉原の住人」たちの異常なパワーは、彼ら、彼女らの欲望が生きる切実さと表裏一体であったからこそ、魅力を感じ、一緒にプロジェクトをしてみたい、と思ったのではないかと、今では思います。


活動をする中で、「自分の中の余白がないから活動ができない」という言葉も何度か聞きました。聞くたびにちょっとした違和感があったものの、すぐに消えてしまうので意識してこなかったのですが、この違和感は、重要なものだったのではないかと思います。この言い方では、「余白」が、ほぼ「時間」とか、「余裕」と同じような意味合いで使われているからです。さきほど言ったように、「余白ネットワーク」での「余白」は、「切実さ」が組み込まれた「活動」であって、「つくるもの」です。


「余白」には、「なにもない」と思われがちですが、例えば、本に余白が無ければ、本を持つ指に、文字がかぶって読みにくくなってしまいます。つまり「ただの白い部分」ではなく、「指を置く場所」としてデザインされているわけです。さらに、「余白」は、読者に様々な行為を促します。読者は、文字を書き、折り、たまにシミをつけたりすることで、大量生産品であった本に読者の身体のクセや、リズム、性格を記録します。本の「余白」は、本を読むことを支えたり、性格を与えたり、様々な役割をこなしています。本だけでなく、ある状況や、ものには、与えられたり見出されていないたくさんの「余白」ー可能性があると考えることが出来ます。
「余白ネットワーク」での「余白」は、さまざまに与えられた状況やモノやサービスに対して、それでは満足できないちょっとしたもやもや、違和感を誤魔化さず、もしくはやむにやまれず、それら与えられたものの「余白=可能性」を見出し、あるいはそれを見出す身体を鍛え、その可能性を現実に作り出す、切実さを持った活動です。「暇だからやってみた」っていうものとは異なります。


メンバーの生活の変化によって話し合いの機会をつくることが困難ななか、やり取りをしてきましたが、メンバー間の温度差もかなりあり、今のメンバーでの「余白ネットワーク」の「更新」は不可能という考えに至りました。「異なる人が一緒にいる」と、「人に頼まれていない自分の活動(余白工事)をする人の集まり」とのバランスをうまく保つことができなかったのかもしれません。


納得のいっていない、むしろピンときていないメンバーもいますし、一方的だと思われる部分はあるでしょう。しかし、「一人の作家が率いているアートプロジェクト」になってしまうのであれば、そもそも「余白ネットワーク」をやる意味はありません。さらに、「フロンティアに立つ誰かを支える」言い訳になり、「余白=暇」と考えられている限り、この場を一旦終わらせ、その後、それぞれがそれぞれの手で、必要なものを自分たちで作ることにつなげたい。そのほうが「余白ネットワーク」がやりたかったことに繋がると希望を託し、解散するという決断に至りました。
それぞれのプロジェクトは、個々が引き取ります。(《余白書店》→内田聖良、小林橘花 その他個人プロジェクトは個人へ)


今まで、ありがとうございました。
これからも別の形でよろしくお願いします。


余白工事人
内田聖良

posted by 余白ネットワーク at 16:39| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

毎日新聞(11/1朝刊)に余白書店のことが掲載されました。

現在内田聖良が参加中の展覧会、1floor「またのぞき」関連ワークショップ「あなたの余白書店をつくろう!!」の記事が掲載されました。ぜひご覧ください。展示は、24日まで続きます。
http://www.kavc.or.jp/art/1floor/14/

posted by 余白ネットワーク at 21:50| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

「ポスト・デジタル・パブリッシング – インターネットの余白から考える本の未来 – 」で、余白書店が紹介されました。

16e76fe67d785734bc5e900de6928389.png

2014年4月3日 、岐阜県大垣市にある情報科学芸術大学院大学(IAMAS)にて、Neuralの編集長でアーティストのアレッサンドロ・ルドヴィコ氏をお招きし「ポスト・デジタル・パブリッシング – インターネットの余白から考える本の未来 – 」が開催され、余白工事の会の内田が余白書店のプレゼンを行いました。

http://j.mp/1plOGKm


概要

IAMAS 車輪の再発明プロジェクトは、4月3日(木)に「ポスト・デジタル・パブリッシング – インターネットの余白から考える本の未来 – 」を開催します。このイベントでは、ニューメディア、電子音楽、ハクティビズムにかかわる雑誌 neura.it の編集長であり、Amazonのなか見!検索を用いて一冊の書籍をつくりだすプロジェクト”Amazon Noir”などの作品を手がけるアーティストでもあるアレッサンドロ・ルドヴィコと、古本の書き込みの価値をインターネットを通じて考えるプロジェクト、余白書店の内田聖良(IAMAS在学中)をゲストに迎え、電子書籍があたりまえになりつつある今、単にその流れに追従するのではなく、インターネットを通してこそ見えてくる、これまでの出版物の持つ個性を、ハイブリッド、という言葉を鍵にさまざまな事例とともに探っていきます。ありえるかもしれない本の未来、インターネットの余白、ポスト・デジタルの世界、に関心のある方、ぜひお越しください。参加を希望される方は文末のフォームよりお申込みください。

※IAMASは2014年4月より領家町からソフトピアジャパン地区へと移転しました。http://www.iamas.ac.jp/move

アレッサンドロ・ルドヴィコ
アーティスト、メディア批評家、93年より雑誌『Neural』(http://neural.it)の編集長を務めており、著書・編書多数。Mag.Net (Electronic Cultural Publishers) 機構の創立メンバーであり、Documenta 12のマガジン・プロジェクトのアドヴァイザー、OCAD大学(トロント)、Academy of Art(カララ)、NABA(ミラノ)で非常勤講師も努める。独占ハッキング三部作(Google WIll Eat Itself, Amazon Noir, Face to Facebook)の作者の一人であり、現在Anglia Ruskin大学(ケンブリッジ)博士課程在籍中。

内田聖良
1985年埼玉県生まれ。2009年武蔵野美術大学油絵学科卒業。2012年から情報科学芸術大学院大学(IAMAS)在学中。2010年に秋葉原ネットワーク、2011年から余白ネットワーク参加。余白工事の会会員。「枠」に気づく、異化させる技を求めて、制作を行う。インスタレーション・パフォーマンス・Webなどの方法を用いる。最近は誤用や転用などを用いて何かできないか模索中。
2012年より清水都花と「凡人ユニット」としても活動。自作したファッションデバイスを用いて、「ぼんおどり」などの作品制作とVJを行う。
posted by 余白ネットワーク at 22:31| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする