2012年04月06日

余白ネットワーク~〇〇をDiYする!~について


余白ネットワーク~〇〇をDiYする!~とは


*コンセプト*

余白ネットワークは、地域やジャンルという既製の繋がりではなく、自分が属しているコミュニティに対する「枠外感」という心情でつながることで、既存の枠組みを打開する人々のネットワークを目指しています。

「同じことをせずとも一緒にいられる」といった一見無駄とされる状態を創りだしたり、その人にとって専門外・不要と思われていることを使ってみたりします。このような一意にくくられない状態によって創られる繋がりは、既存の価値観に縛られることから解放することに有効だと感じています。
資本主義で忘れさせられている「一人が自分のためのものを創る」「一人の視点を可視化する」状態を復権させ、頼まれていない自分の表現をする人が増えるとともに、異なる目的、価値観のある人たちでも抑圧がなく共にいられる状態を作りたいと思います。

**

「枠外感」とは、簡単に言うと、ある会社やグループに所属していつつも、そのグループの「枠」に自分が外れてしまっていると感じることです。特に東京では、街を歩くだけで様々な広告や宣伝等によって、「こうしなければならない」という「枠」がきつく作られすぎています。その枠の中にあってさえ、如何にして自由に生活できる、振る舞えるのか。その実践と実験がこの 余白ネットワーク~◯◯をDiYする!~ です。

 秋葉原ネットワークを運営していた冠那菜奈・内田聖良・小林橘花が「秋葉原ネットワーク実行委員会」を組織し、実行委員会が「余白工事人」と認定した、これから専門性に介入していこう・自分のための場所を作ろうという気概のある様々な職業の様々な人たちの手で運営されます。


*特徴*  
●作家にかぎらず、様々な人が、自分の価値観を表現し、自分で作ったり、活動します。

●その人がその人らしい活動をするひとが増えること、その人の価値観が表現されることに力を入れます。

●このようにして、その人それぞれが「余白」を作っていくことを促進させていきます。
そして報告マガジン『create人(zine)』にて、日々の余白工事活動をみなさんにお伝えしていきます。

create人(zine)は、毎月20日発行予定。電書化も予定されています。

予定されているコンテンツ


余白ネットワーク~◯◯をDiYする!~

・余白散歩(内田聖良版)
・進路相談会 小林橘花
・ぐるっこ展 冠那菜奈
・金のかからない遊べる場所を探すプロジェクト
・ぐるっこステイ
・専門外・不要な技術で遊びプロジェクト
・ぐるっことーく
・ぐるっこパーティ!!!!!!!
・余白散歩(小林橘花版)

・余白工事人が/と◯◯をDiYする! イベント
  ・内田壮哉 × 作業日(仮)
  ・矢木奏 女子の秋葉原「センサー(仮)」
  ・橋田卓 +冠+小林 ヒーリングプロジェクト(仮)
  ・女装図書館 館長 たつきさん ×余白ネットワーク~◯◯をDiYする!~(仮)


posted by 余白ネットワーク at 13:44| Comment(0) | about | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。