2012年09月20日

『秋葉原余白散歩と文化人類学カフェ@アキハバラ』まいづるRB 豊平豪 と 余白ネットワーク~◯◯をDiYする!~ レポート

ぐるっこカフェとレポートが前後しますが、
『秋葉原余白散歩と文化人類学カフェ@アキハバラ』
を 2012年9月7日(金)に開催しました!

ぐるっこで準備中・・・
DSC_0368.JPG(撮影:せいら)
クリエイト人を折るのをのんちゃんが手伝ってくれました!

阿部さんが到着してから余白散歩に出発ー

DSC_0372.JPG(撮影:せいら)

豊平さんとのんちゃんと阿部さんと内田と小林で散歩しました。

私はガムを踏みました。。
DSC_0373.JPG(撮影:せいら)

ここの窓がかわいい。
IMG_5786.JPG(撮影:小林)

DSC_0376.JPG(撮影:内田)

IMG_5789.JPG(撮影:小林)

IMG_5791.jpg(撮影:小林)


ソフトクリームを買うせいら。

IMG_5800.jpg(撮影:小林)

余白散歩でよくいく。
DSC_0388.JPG(撮影:せいら)

IMG_5799.JPG(撮影:小林)

IMG_5806.jpg(撮影:小林)

「秋葉原」は台東区
DSC_0392.JPG(撮影:内田)

高架下あたりまで台東区ここは千代田区外神田
DSC_0394.JPG(撮影:内田)

“秋葉原”っぽいかんじ
IMG_5809.jpg(撮影:小林)

IMG_5811.JPG(撮影:小林)

IMG_5814.JPG(撮影:小林)

IMG_5815.JPG(撮影:小林)

公園へ

IMG_5821.JPG(撮影:小林)

DSC_0406.JPG(撮影:内田)

DSC_0410.JPG(撮影:内田)

湯島天神

DSC_0416.JPG(撮影:内田)

DSC_0421.JPG(撮影:内田)

IMG_5822.jpg(撮影:小林)

DSC_0430.JPG(撮影:内田)

***
そしていよいよ、
まいづるRB 豊平豪さん の 文化人類学カフェへ...
テーマは「ロボットと恋はできるか」!!!(←余白ネットワーク至上最もキャッチーと話題に)

(企画についてはこちら↓からごらんください。)
http://akihabaranetwork.seesaa.net/article/289165091.html

はじめます。
IMG_5826.jpg

まいづるつながりでお客さんが来てくれました。

ロボット、ていうか、人ではないもの。
ゴリラに恋する子、なんていう話も出ました。
IMG_5829.JPG

AAF事務局の長谷さんも来てくれたよ!

キャラ化?二次元との恋?
人形との恋?

メイドカフェデータブックをつくるほどのメイドカフェ好きのたかとらさんも来てくれました。
IMG_5830.jpg

せいらは「秋葉原にいる女の子たちはアニメの絵みたいに薄くなりたいようにみえる」と話していました。

話し手の表情ができるテレノイドというロボットの話も出ました。

豊平さん
IMG_5833.jpg

はじめから、「着地点はありません」とおっしゃっていたとおり、
あっちこっちに飛びつつ、それぞれがお互いの話を聞きながら、
「人でないもの」と「恋をすること」について考える時間となりました。

人間に恋しないとどうなる?




豊平さん、みなさん、ありがとうございました!!
DSC_2605 2.JPG


おまけ
残像エリカ&冠
DSC_0447.JPG

(小林)
posted by 余白ネットワーク at 03:15| Comment(0) | レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

ぐるっこカフェ ワークショップ&トーク「聖地と悪所/小さな聖地」 レポート

ぐるっこカフェ ワークショップ&トーク「聖地と悪所/小さな聖地」
9月8日(土) 19:00〜22:00 に、大阪七墓巡りプロジェクトの陸奥賢さん(http://www.osaka-asobo.jp/) をお迎えし、初の試み、
”ぐるっこカフェ ワークショップ&トーク「聖地と悪所/小さな聖地」”
を開催いたしました。

簡単なレポートです。



gurukkocafe-1.JPG


「面白い恋人」と「おもしろいむつ」さん




gurukkocafe-9.JPG


gurukkocafe-10.JPG


そろそろはじまります。


+++++++++++++



ワークショップでは、それぞれが「聖地」っぽいとおもうものを、携帯カメラなどで写真に収めていきます。
角度や構図などもそれっぽいものにこだわったりします。

 最終的に、最も「聖地」っぽさが出ていると思う数枚をそれぞれが提出し、一枚ずつ鑑賞し合います。




gurukkocafe-12.JPG





gurukkocafe-13.JPG




家の中では狭いかとおもいきや、意外と聖地とつながる何かを発見できます。
敷居に聖地を感じる人、武装のための場所を聖地と感じる人、自分を防護するものを聖地とつなげる人などさまざま。
それをひとりひとり解説しながら鑑賞していきました。



+++++++++


休憩を挟んで、むつさんの七墓巡りプロジェクトのプレゼンテーション(Ustream中継をしました。録画は非公開です)
関東の方々には馴染みの薄い(?)大阪の「悪所(アジール)」の成り立ちやエピソード、その「悪所」にある「七墓」をめぐる慣習を復活させる=無縁の人たちとの関わりを復活させること、について語っていただきました。
お砂踏みならぬ、触って七墓巡りができるという七墓巡りプロジェクトで作られた七墓石も登場!!!!



gurukkocafe-15.png





参加者の方からも軍艦島の石が登場!!!!



gurukkocafe-17.JPG




むつさんのアツいプレゼンテーションをきいて参加者の方々から質問が飛び交いました。



gurukkocafe-16.JPG




最後はぐるっこのいえちかくのうどん屋さんで締!





ぐるっこカフェ・ワークショップは初めての試みでしたが、普段話すだけでは見ることのできないものがたくさん感じることのできたイベントでした。

「聖地」とは多くの人の心の拠り所となっているものですが、それぞれの人がどのようなところに「拠り所」をもっているのか、どこに、聖地らしい、「美しさ」を感じ取っているのか、なかなかみることのできないその「小さな」聖地 を、写真とそれを説明する人の言葉から、垣間見ることができたと感じます。

また、悪所と文化やお墓のつながりや、無縁の人をお参りする慣習の話を聞き、無縁の人たちとのつながりやその方法について考えをめぐらしたりしました。むつさんの今後のプロジェクトもどんなものなのか楽しみです。


++++


このあと、ぐるっこのいえではさらに深まるトークが繰り広げられたとか。。
参加者の皆様、むつさん、ありがとうございました。!


(内田聖良)



posted by 余白ネットワーク at 22:21| Comment(0) | レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

質的心理学会 レポート

先日の記事でお伝えした質的心理学会(余白ネットワークが学会に取り上げられるとは思っていなかったので、不思議な感じがします。)のレポートですが、

早速、話題提供者の石幡愛さんから、指定討論者からのコメントに答えて、という形で文章をいただきました!
石幡愛さん、ありがとうございます!


さらに、プレゼンに使ったパワポも公開してよいとのお言葉をいただきましたので、みなさん、ぜひ目を通してみてください。


ダウンロードされます↓

余白ネットワークプレゼン資料.ppt




今後、冠からのレポートもありますので、このブログ記事が更新される予定です。
ブログだと疲れるという方、じっくり読みたい方は、クリエイト人にも掲載予定なので、そちらをぜひ。

(内田聖良)




以下、石幡愛さんのレポート【指定討論者からのコメントに答えて】



+++++++++++++++++++++++++++++
質的心理学会第9回大会報告  
+++++++++++++++++++++++++++++

質的心理学会第9回大会(@東京都市大学)で、『「つくること」としてのつながり』という
シンポジウムに登壇し、「秋葉原ネットワーク」と「余白ネットワーク」について発表してき
ました。指定討論者の松嶋先生から重要なコメントをいただいたので、それにお答えする形
で、ご報告としたいと思います。



コメント@
 「否定的共同体」について。「否定」と言うからには否定する対象を強く意識している。こ
の点は「対抗文化ではない」という墨東大学(同シンポジウムで岡部先生から話題提供があり
ました)との違いなのか。


答え@
 余白ネットワークがつくっているつながり(というと語弊があり、より正確には、すでに存
在しているつながり方を可視化している、と言ったほうがよいと思いますが)を理解する道具
として、モーリス・ブランショのnegative communityという用語を引用しました。この用語に
対しては「否定的共同体」という訳語が定訳ですが、発表でも述べたとおり、これはミスリ
ーディングだと思います。ブランショが述べるところのnegative communityとは、共通性を成
立要件とするコミュニティ観を「ポジ」とした場合、その「ネガ」であるようなコミュニテ
ィ観のことです(写真の「ネガ」を思い浮かべてみてください)。
 したがって、ここで「否定的共同体」という用語で指し示したものは、ある共同体に対抗す
る/を否定する共同体ではなく、つまり対抗文化ではなく、人々が互いに異なるからこそ、共
に在るという状況が成立するということそのものです。
 余白ネットワークの問題意識は、価値観や尺度や選択肢がひとつに集約されること、あるい
は、それしかないと信じ込むことへの危惧や疑問にあります。そして、余白ネットワークの活
動は、人々が互いに異なっているというすでにある事実を、より見えやすくする仕掛けを設定
することであり、また、異なる者が共に在るための様々なエクササイズであると思います。
  「余白」という言葉からして、枠に寄生してなんとかやっていくやり方(セルトーの言う
「戦術」)であって、枠を転覆させようという意図はないのです。「枠は枠としてあるけれ
ど、余白も(しかもいろんな余白が)あってもいいじゃない」と。そんな感じです。



コメントA
 コミュニケーションが成立していると思っていても実はディスコミュニケーション、という
ことが日常的にも起きているのではないか。


答えA
 communityに対して上記のようなスタンスを取るのと同様に、communicationに対しても、
差異やズレに着目するスタンスを取っています。そうすると、ディスコミュニケーション(伝
わらない、勘違いされる、無視される、矛盾する…)は常に起きていて、それもまた、コミ
ュニケーションの一要素なのではないかと思われます。
 バフチンやワーチを引用するのが、わかりやすいかと思います。つまり、他者の言葉に自
己の志向とアクセントを住まわせること(専有。この概念は、先ほどのセルトーの「戦術」と
も近い概念です)。それをお互いにやり続けることがコミュニケーションだというわけです。
ちなみに、先ほどからよく使っている「共在(共に在る)」という用語は、文化人類学者
・木村大治さんの「共在感覚」から取っています。木村さんの研究では、アフリカの原住民の
会話の仕方に関するフィールドワークから、コミュニケーション観そのものを刷新していま
す。「共在感覚」は、上記のようなコミュニケーション観に通じるものがあると思います。



コメントB
こういった活動を継続するためには何が必要か。


答えB
 「継続するために」の前に、「継続すると何が起きるか」を考えてみたいと思います。実
際、2年目を迎えた余白ネットワークでもそうですが、自分たちが何を大切にしているのかを
言語化できるようになるのと並行して、その大切なものが、ある意味優位な価値観として、目
立ってくる気がします。そして、その価値観に沿うようなアクションを起こす人や事例が「面
白い人」「優れた事例」になるわけです。
例えば、発表でご紹介した、誰にも頼まれていないのに個人的な熱意で、ものすごくクオリ
ティの高い全国のメイド喫茶のリストを作った人物、カレーを50人前作った人物、こういった
人たちは、余白ネットワークにおける「エリート」とも言えます。
 たいてい、価値観や尺度や選択肢が固まってきて、そこに人々が(強制的にせよ自発的にせ
よ)動員されることによって、継続性というものは得られるのだと思います。一方で、余白ネ
ットワークの活動を継続するということは、価値観や尺度や選択肢を解体し、再構築し続ける
ことなので、ある意味矛盾を抱えていると思います。
 そこでヒントになるのが、フロアからのコメントにあった「個に帰る」「山が砂粒に戻る」
ことです。ノットワーキング(既存の組織や固定的なネットワークによる協働ではなく、そ
れらの境界を越えた即興的な協働。これを、結び目(ノット)をつくるという行為をメタフ
ァーとして表現した、エンゲストロームの用語)という概念ですら、「結ぶこと」のほうに重
きが置かれて議論されているきらいがある。その中で「ほどくこと」の意味を考えてみるべき
でしょう。




石幡



+++++++++++++++++




posted by 余白ネットワーク at 01:20| Comment(0) | レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする